育毛薬は毛根が弱っている人向け。ツルッパゲの人は自毛植毛をした方がいい。

フィナステリド服用から1923日経過
ミノキシジル服用から1831日経過

私は育毛薬を飲んでいますが、
祖父はツルッパゲ、父はM字+頭頂部のタイプの
超ハゲ一家ですので、40歳くらいになったら
育毛薬も効果が無くなってしまうかもしれません。

育毛薬は毛根が弱っている人には効果が絶大です。
毛根が弱っているとは、うっすらと毛が生えている状態のことで、
毛根が死にかけている状態のことです。
育毛薬には毛根の死(アポトーシス)を伸ばす効果があるといわれています。

ですので、死んでいる毛根が多いツルッパゲの人は
育毛薬ではなかなか効かないかもしれません。

ツルッパゲの人は、自毛植毛が向いているでしょう。
自毛植毛とは、元気な部分の毛根を、薄毛の部分に移植する植毛技術で
これまた絶大な効果を上げています。

しかし、問題はその費用です。
移植の費用は移植の本数(ドラフト数)に比例します。
ですので、移植本数の多い人ほど金額が高くなるのです。

ツルッパゲの人が効果を上げるためには、
結構な本数を移植する必要がありますので、
どうしても金額が高くなってしまいます。
目安としては、200万~300万でしょうか。

といっても、サラリーマンでも中間以上の役職についていれば
出せなくもない金額だと思います。

私も将来、育毛薬が聞かなくなったときは
自毛植毛にトライするつもりです。

妻も私が若干禿げていることを認識していますので、
切り出しやすいと思います。

自毛植毛ができる病院として有名なのが
「湘南美容外科クリニック」です。

実施例もかなり多く、写真も豊富なので
一度ホームページを観てみてください↓
湘南美容外科クリニック



それに、手術までしなくても、
カウンセリングだけでも受けてみるのも
ありかもしれないですね。

服用中の育毛薬
■使用中の育毛アイテム
ミノキシジルタブレット5mg
発毛周期を早める効果と血管の拡張作用があります。
エフペシア1mg
男性ホルモンが脱毛原因であるジヒドロテストステロンになるのを防ぎます。

■このブログは今何位?
ブログ村を今すぐチェック!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。